中国文化大学中国語クラスのオリエンテーション

2019年2月19日、ついに台湾の学校に一歩足を踏み入れました。

学校の門をくぐるのは何年ぶりのことでしょうか?ま、この学校の語学学校はキャンパスではなく地上10階地下4階のビルなので、キャンパス感は他の大学の語学学校よりも薄いです。たぶん。

前もって指定された部屋に入ると、資料と学生証を受領。学生証はなんと悠遊カード(地下鉄乗れたりコンビニで色々買えたりレンタルチャリに乗れたりの便利なカード)付帯型。これは便利。この学生証で地下4階にあるデジタル学習センター(PCルームや図書室)に出入りできる。

小さな教室に13名。全て日本人。明日から授業の13人の日本人だけがこの部屋に集められ、日本語でこれからの授業についてや進級や休校などについて説明を受ける。

14人中オトコは3人だけ。

30分ほどで終了。

クラス分け表を見ると、「フランス、モロッコ、韓国、ロシアなど色んな地域から集まってる!」でワクワク!→一週間以内ならクラスを変更可能。

その後、教科書を購入。学生証を渡して410$の教科書とドリルみたいな練習帳が110$。合計2000円ほど。

せっかくなので、地下4階のデジタル学習センターに行ってみた。時間が17時頃とあって人はあまりいない。とてもキレイな空間。WiFiも使えるしもちろん電源もある。これは復習などにも使えるし、作業場にも使えそう。ほほほ。

明日は初授業!わくわく!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする