台湾語学留学、生活準備(住居)台北市内で月30,000円くらいで

まずは住居を!と、色々考えた。最初の1ヶ月だけ台北国際学舎という学生ばかりの宿舎にやっかいになり、その後賃貸物件を借りようか。はたまたシェアハウスにしようか。

ここは、どんな滞在生活にしたいのかが重要!

はじめは台湾人になりきってみたいから、賃貸物件を借りようと思ったけどやめた。もし賃貸物件を借りるとなると、まず台北市内には賃貸料が高くて住めないので遠くになってしまう。その分交通費もかかるし時間もかかる。

さらには、布団など多少とも住むための物品を用意しないといけない。月々の水道光熱費なども馬鹿にならない。

ゲストハウスやホステルは色んな経費がカットできる

それよりも人の多い台北市内でスピーディに行動を起こし、多くの人と知り合う場がたくさんあった方楽しいのではないか?

そこで結論は、台北市内のゲストハウスやホステルを中心にシェアハウスも含め、1ヶ月毎に転々と住居を変えようと考えている。

ゲストハウスやホステルは水道光熱費はいらないしWiFiも完備。シャンプーやボディソープもある。朝食までついているところもある。そして大概アクセスもいい。

airbnbは月単位で借りれて月割引があるところも

でも、宿代が高くなるのでは?と思われるかもしれないが、実はairbnbで検索して宿泊期間を1ヶ月などに設定すると月割引をしているゲストハウスやホステルが見つかる。余裕で月の宿代が30,000円未満のとこも見つかる。(特に女子ドミは安いとこが多いので、女子は検討の価値あり。)

日本人ばかりのシェアハウスなどに長期間滞在するよりも、全然知らない国の人や台湾人と出会い、旅気分を味わい続ける方が面白そうだ。

まとめ

つーことで、アドレスホッパー。1年間完全なる住所不定となります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする