まずは台湾へ<From50>2019年(さらっと読めます)

ついに50歳(半世紀)となり、節目でもあるので、色々とこの混沌とした世の中で試したくなった。(←ま、一番混沌としているのは自分の将来なのは間違いない)

今年は50歳キャンペーンとしてフルマラソン初出場初完走やトレラン大会(32キロ)完走などのほか、中国語会話を始めたりした。(←50にして自分探しならぬ、自分試しかよ)

中国語の先の目標として語学留学することにした。(←なんともテキトー)

台湾は初めて行った海外だったし、はじめて住んでみたいと思った海外の土地でもあったので、言わば夢の一つ。

ちなみに英語は喋れない。じゃなぜ英会話にしなかったのか?色々理由があるけど、英語はもうすぐ今よりもっと精度の高いAI通訳機が出てくるので、大丈夫だろうと。しかし中国語と日本語の通訳はまだまだ出てこないんじゃないかなと。

さらには、中国人を始め中国語圏の人が多く海外で活躍し始めてるようなので、何かと使い道があるのではないかと。

日本にもこれから中華圏の人はそこそこ増えるので、これまた使い道があるのではないかと。

さらには、これからの10年を多拠点生活にしてみようと考え、まずは身近で親しく住んでみたい台湾に渡ることにした。(←まだリタイヤじゃあるまいし、中途半端orz)

この10年のキャッチフレーズは「その地に足をつけるな!その土地に根を張るな!」あくまでもいつまでもフワフワと行きていく所存でございまする。(でも、その土地でのつながりは作っていきますよ〜)

一応は、留学だったりするけれども、気持ちは旅の延長。「半旅」。でも現地で起業もするかもしれない。

50からの(将来)海外生活・留学または多拠点生活に興味がある方は、これから連載していくので何かのお役に立てるかもしれない。

で、どれくらい台湾にいるの?って、予定では1年くらい。途中で帰国するかもしれないし新天地を求めて移動するかもしれない。はたまた永住するかもしれない。

未来は常にわからないから常に自由に満ち溢れている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする