台北から近い台湾にあるミャンマー街に行ってみた

台北滞在も最終日前に台北在住の友だちと飲んでいると、彼の口から「ミャンマー街があってそこにスパイスが売っている」という情報が飛び込んできた。

明日はフライトであまり時間がないが、これは行かない理由はない!ということでひと目見たくてミャンマー街を探しに行ってきた。

clip_now_20180902_091850

目指すは南洋観光美食街と呼ばれる華新街!最寄り駅は南勢角駅。ここは台北市からちょい外れて新北市となるが、地下鉄で台北駅から30分程度で着くので気軽に行ける。

地下鉄駅を出ると正面に左右に横たわる車道があるので、その道を右にひたすら10分弱向かう。

途中から左へ蛇行しはじめたら、もうすぐ目的地である南洋観光美食街の看板が目につく。意外と見過ごしてしまいそうな看板だ。

DSC_0194-min

ちょいと街をぶらりと覗いてみると。。。

DSC_0196-min

DSC_0198-min

DSC_0200-min

DSC_0201-min

くるくると丸っこいビルマ語の看板が並んでいます。そして「咖哩屋」とあります。

DSC_0202-min

続いてはショップを覗いてみました。

DSC_0205-min

食材の他にも日用品なども置いてありました。

DSC_0203-min

マスタードシードも置いてます。

DSC_0204-min

別のショップではきれいに包装されたスパイスがホールとパウダーで販売されてました。

DSC_0206-min

産地はマレーシアとなってますね。

DSC_0207-min

ミャンマーの物品だけでなく東南アジア界隈のアイテムが揃っているようです。

DSC_0208-min

今度時間があるときは食事もしてみたいですね。

お時間がある方は、B面の台湾を覗きに行ってみてはいかがでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする