台湾短期旅行でプリペイドSIM(4G使い放題)を事前に日本で購入して現地で使ってみた

by カエレバ

先日、台湾に行く用があったので、プリペイドSIMを使ってみました。

通常現地の空港などで購入して使うのが多いと思うが、台湾の場合はAmazonで購入しておいて、現地についたらサクッとSIMを変更してすぐに使うことができる。

ボクの場合、亜太電信の5日間制限内4Gを購入しました。販売店によって多少価格が異なりますがたったの730円でした。もちろん通信費込みの値段です。安いです。(地域によっては配送料無料)

Pocket WiFiなども検討しましたが、今回二人行動で別行動も加味してSIM交換にしました。

方法は以下の通り

1.Amazonで注文すると数日で到着します。

2.台湾に行く際にプリペイドSIMを持って出かけます。

3.台湾に到着したらプリペイドSIMを交換して設定します。

たったこれだけ。

でも注意点がいくつかあります。後述します。

メリットは?

到着してからショップを探したり待ったりしなくて良い点ですね。

Pocket WiFiとかだと、スマホと別で持ち歩いたり電池の減りを気にしたりですが、そういった気を全く使わず日本にいるのと同じ感覚でいられます。

デメリットは?

設定を自分でしないといけない点でしょうか。

注意点は?

1.発注から到着までけっこう時間がかかる

DSC_0085-min

Amazonって数日で到着するイメージですが、今回のプリペイドSIMは直接台湾から発送したようで、ししかもお盆をはさんだので1週間ほどかかりました。

出発日前まで届くように余裕を持って注文してください。

2.設定が機種によって異なる

DSC_0102-min

プリペイドSIMそのものの交換はSIMフリーのスマホなら特に問題ないと思います。

設定は機種によってまちまちです。設定の説明書がありますが、説明通りでは設定できませんでした。それでも5分もかからずに設定できました。これAndroidの場合です。

iPhoneだと設定すら不要でした。

ただauで契約してたので、予めSIMロック解除をしなければならず、これをしてないとSIMを交換しても反応してくれません。この作業自体は、auのホームページに手順があるのですぐに完了します。

しかもauのSIMロック解除はネットでできるのだが、なんと受付時間は9:00~21:30だけなので夜間到着だったりすると、結局使えないことになります。しかもSIMロック解除はネットでできるもののWiFiがないとつながらないので、前もって日本にいるうちにSIMロック解除をおすすめします。

重要!スマホ本体のSIMロック解除を日本にいるうちに済ませておく!

いよいよ使ってみます。

DSC_0107-min

使ってみてどう?

SIMを変えたことを忘れるほど、使い心地が良かったです。

電波の入りもいいし、速度も日本国内で使うのと何ら変わりない感じです。

しかも上限なしの使い放題なので、気にすることもなかったです。

by カエレバ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする