海外での経験(旅行・ワーホリ・留学・青年協力隊・ボランティア・インターンなど)を劣化させないため

xisirlngsrwn02ya2bbk_submission-photo-7

「今しかできないことをやりたい」「後悔したくない」とか「ステップアップ」をしたくてワーホリ行ったり海外青年協力隊に参加したり、フィリピン語学留学したり、世界一周したりと。

しかしながら、月日が経つのは超早くないっすか?

気が付くと英会話や外国語の単語や言い回しを忘れてることに気がついたり、もう遅かったり。

海外で見知らぬ外国人とワヤワヤとコミュニケーションしてた頃が懐かしくなってたり。

せっかくの語学力や適応力を劣化させてないですか?

もたいなーい!

それこそ「今しかできないこと」やりましょ。「後悔したくない」ですよね~。「ステップアップ」してズリ落ちないようにしましょ。

で!現在ラッキーなことに日本には外国人観光客がわんさとおいで頂いてる。彼らとコミュニケーションできればヌハハではないか。しかも日常的に。そう考えると、旅に出てるのと同じで「旅が向こうからやってきてる」と思えばいいか。

そんな外国人観光客をおもてなしする代表的なのが宿泊業。毎日「旅が向こうからやってきている」環境だ。

だけれども気をつけなければならないのは、ホテルや旅館となると職業的な挨拶や決まりきった館内説明などだけでは、なんとも身につかない。これはコミュニケーションが薄すぎる。

もっと濃いのがイイ!

そうだ!ゲストハウスやホステルがイイに決まってるだろう~。そう、自分の旅先でお世話になったゲストハウス、ホステル、B&B、バックパッカーズと呼ばれる宿だ。

こういった施設は旅人同士やスタッフとのコミュニケーションが発生しやすいように作られているので、濃い!

外国人の友達ができれば次の旅に出るとき、ありがたいことになるやもしれんしの。

そんなゲストハウス・ホステル専門の求人サイト「やどびと」は >>コチラから<<

旅の達人になり、旅人を受け入れる達人も目指してみようではないか!

やどびとのTwitterIDできたからね。 @やどびと