「やどびと」への求人広告掲載希望事業者にウソあり!

最近、ゲストハウス・ホステル専門求人サイト「やどびと」へ求人広告掲載希望が若干増えている。そしてちょっと困ったことも起きている。2つある。

一つ目は、いわゆる民泊だ。現在「やどびと」では旅館やホテル、ユースホステルも基本的には掲載していない。そこに来て急増中の民泊からの掲載申し込みが増えている。調べてみるとどうやら民泊関連のサイトに「やどびと」が紹介されたからのようだ。何に困っているかというと、「ゲストハウス○○」と名称にゲストハウスと銘打った民泊があるからだ。うっかり掲載してしまうと後々厄介なことになりかねない。

もう一つはというと、一つ目とも関連するのだが、旅館業の営業許可証をちゃんと持っているかどうか。例えば民泊かゲストハウスか見分けが付きにくくても営業許可証の提示をお願いすると民泊の場合は大概モグリなので、それっきり返事がなくなる。困ったのはこれから営業するために開業準備を行っている最中で、今はまだ申請中または所持していない場合も多い。しかし、問題なのはここで「やどびと」の申し込みフォームの一番最初の設問はこうだ。

掲載する宿は申し込み時に旅館業営業許可(指令)証を保有しており効力を有していることを確約します(個別に確認する場合があります)。

これにチェックを入れないかぎり申し込みできないようにしてある。そしてこれにチェックを入れて(許可証を所持してると誓約して)申し込んで来て、許可証の提示をお願いすると「実は持ってません」なんてことになるのだ。

広告掲載申し込みフォームには「担当者へのメッセージ」という欄もあるし、サイト内にはもちろん「お問い合わせフォーム」もあるので、質問や相談もできるようにしてある。してあるにも関わらず、これからゲストハウスをオープンしようという事業者がのっけから(業界や当サイト閲覧者や弊社との)信頼関係を壊すようなことを平気でするのかよくわからない。弊社との最初の取引から簡単にウソをつく事業者を「やどびと」の閲覧者に紹介などしたくはない。

そろそろ規約やら仕組みやらを改正しなければならなそうですな。

きのうよりもハッピーな今日をお過ごしください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする